鉄道(保線)工事は夜勤が多いと聞きます。また黒部奥山での仕事は泊まり込みもあるとか。
夜勤や宿泊勤務がどの程度あるのか?とても興味があるところだと思います。
また、時間外や休日についても知りたいですよね。
1年間の実際の働き方を月別のデータでご紹介いたします。収入はどんな感じなのかも併せてご覧ください。

【高校卒1年目・技能職員の実績】
基礎賃金 206,000
諸手当 64,000 24%
月収(総支給) 270,000
 
賃金 年計 3,240,000
賞与(7月、12月) 412,000 2.0ヶ月
年収(総支給) 3,652,000
高校新卒1年目から年収約365万円。これは年齢階層別の平均年収(民間給与実態統計調査)によれば、「25~29歳」の平均年収にほぼ相当します。
もちろん、諸手当や賞与はその時々で変動しますが、毎年恒常的な工事が多く仕事量は安定していますから、あてにしても大丈夫でしょう。
【年齢階層別の平均年収】
年齢階層 平均年収
19歳以下 133万円
20~24歳 269万円
25~29歳 371万円
30~34歳 413万円
35~39歳 449万円
40~44歳 480万円
45~49歳 504万円
50~54歳 520万円
55~59歳 529万円
60~64歳 423万円
65~69歳 338万円
70歳以上 300万円

参考:国税庁「令和3年 民間給与実態統計調査」

重労働手当とは
  • 軌道手当
    1. まくらぎ交換、レール交換、道床つき固め作業に従事した日ごとに支給される手当です。
  • 上部手当
    1. 関西電力黒部専用鉄道(上部軌道、インクライン)での作業に従事した日ごとに支給される手当です。
宿泊手当とは 主に関西電力黒部専用鉄道(上部軌道、インクライン)での作業に従事する際において、都度上下山することが困難(合理的でない)な場合に現場宿舎で宿泊します。その宿泊1日当たりに対して支給される手当です。
ちなみに宿舎は、完全個室、テレビ、WiFi完備、天然温泉の大浴場、食事付きと充実した環境です。


宿泊勤務は、主に夜間作業で行うRCまくらぎ交換、分岐器交換の際や、関西電力黒部専用鉄道(上部軌道、インクライン)で工事を行う場合に発生します。冬期は長野県大町ルートで移動となり最長で12日連勤となります。
宿泊勤務には、その日数分の宿泊手当が支給されます。
1月の中旬から3月上旬にかけてがピークで、それ以外のシーズンはちょこちょこといった具合です。

ちなみに宿泊は関西電力の宿舎で、完全個室、テレビ、WiFi完備、天然温泉の大浴場、食事付きと充実した環境です。お酒やジュース・お菓子なども購入できるそうですよ(ちょっと割高なのは輸送を考えると仕方ないですね)
数年前までは、相部屋でWiFiも無かったそうです。この待遇改善はかなり大きいと思います。


夜勤は、RCまくらぎ交換や、レール・分岐器交換など、トロッコ電車の運行時間外に行う必要がある工事の際に発生します。
通常は15時~0時(実働8h)で、うち深夜労働は1日あたり2~3h程度ですが、始業時間がさらに遅く宿泊を伴う場合もございます。
6月から9月にかけて深夜労働が多く、この期間は概ね勤務日の1/2が夜勤といったところです。
その他の月はほぼ夜勤がないことが分かります。


時間外労働は、1年を通じて少なく、多い月でも1日あたり約1h程です。
通常勤務であれば、ほぼ定時(17時台)に帰社・退社が可能です。
夜勤や、宿泊勤務があるといった点は特徴的ではあるものの、それでも勤務時間が長いといったことはありません。
むしろ、ワーク・ライフ・バランスは極めて良好だと思います。




TOP
TOP