土木部

土木部

本波孝賢

KOKEN HONNAMI

みんなが無事で、仕事が続けられるように。

入社されたきっかけは?

15年ほど前に、家業が冬場で仕事がないときに、黒四で泊りがけの除雪のアルバイトに来たのがきっかけです。
帰ってきたら「ハンコ持ってこい」と言われ、そのまま正社員になりました。半分だましみたいなものでしたね(笑)
叔父さんも田中建設(現ミラテック)に勤務していたので、そういう縁があったということです。

現在、どのような仕事を担当されていますか?

現場全般を任されています。
みんながやりたくない仕事はだいたい私に回ってきます(笑)

保線作業はキツイと言われますが、実際どうですか?

キツイ仕事もありますし、そうでもない仕事もありますよ。
最初は全部キツイと感じるかもしれませんが、慣れてくれば、そうでもないと感じる作業もでてくると思います。
一番キツイと感じるのは、夏場のまくらぎ交換かな。
トンネルが多い(涼しい)のでそれが救いですけど、ずっと外だったら倒れますね。
でも、トンネルはトンネルでまくらぎを斜めにしないと引き抜けないため、砕石を退ける範囲が広くて大変ですから、そういった部分では外の方が楽ということもあったります。

まくらぎも色々種類がありますけど、交換作業に違いはありますか?

合成まくらぎは、木製に比べて非常に硬いので、レールと締結する犬釘を打ち込む際は、なかなか入っていかず、何回もハンマーでたたく必要があって大変です。
硬くて釘が曲がってしまうこともあります。
重さも合成の方がありますし、角が立っているので危ないです。
RCまくらぎは、コマ(ボルト)を締めて締結するので釘は打たないのですが、大きいので下を掘削しなければ入れられません。
その下というのがだいたい岩盤ですから、ツルハシやハンマドリル、重機が入る場所ならミニバックホーを使って破砕します。
時間が掛かる作業ですので夜間作業で行います。

この仕事をする上でのモットーは?

ケガのないように、無事帰ってくること。みんなを無事に帰すこと。
「早くやれ」などとせかさないこと。

当社で働く魅力は?

仕事が(安定して)あること。
そして、楽しく毎日会社に来ることができること。

まわりのメンバーの雰囲気は?

イイと思いますよ。場を和ませるような愉快な人もいますし。

給料や労働時間・休日など待遇面はどうですか?

問題ないです。
休みも多いし、労働時間も全然問題ないです。
夜勤があるのは仕方がないし、(冬場の)上部での宿泊勤務も、一昔前に比べれば随分楽になったと思います。
上部に上がったら、上がったきりで一度も降りてくることが無かった時代もありましたから。
工事が終わるまで自宅に帰れないってね。
だから当時は短期集中ということで1日の作業時間が長かった。
宿舎も相部屋だったし、そういった面では改善されて働きやすくなりました。

今後の目標・抱負は?

みんなが無事で、仕事が続けられるように。安全でケガがないように。
それが何より一番です。


TOP
TOP