はじめてのまくらぎ交換に挑戦

今回の現場は、難易度が最も低く、初心者にピッタリということで、入社2年目のweb担が、はじめてのまくらぎ交換に挑戦させてもらいました。

まずは赤枠の箇所の砕石(バラスト)を”つるはし”でザクザクとほぐし、既設まくらぎの下端より少し深くまでスコップで掘ります。

力を入れてもスコップがなかなか入らず、ならばと勢いよく突くと『ガチ~ン』と砕石を直撃して跳ね返されるわ、手は痛いしすぐにヘトヘトに・・・
後々気づきましたが、”ほぐし”がとても重要です。(たぶんw)
スコップの使い方にもコツが。「聞いて・見て・やってみる」まだまだへなちょこですが、少しずつでも慣れていきたいものです。

掘り終えたら、まくらぎをハンマーで叩いて掘った溝に落とし、つるはしでぶっ刺して「おりゃ~っ!!」と引き抜きます。

次に、新しいまくらぎを入れるために、黄枠の部分のバラストを先ほど掘った赤枠の位置に寄せます。

元あった位置に付けた印に、しっかり合わせて、新しいまくらぎを挿入して埋め戻します。
この埋戻しの際、スコップの切っ先でまくらぎを持ち上げるようにして、下部にバラストを詰め込んでいきます。

その後、タイタンパーで突き固めて、犬くぎでレールと締結するのですが、ここは先輩方がやって下さいます。

小雨が降る中での作業で、無垢のまくらぎがたちまち土色になってしまいましたが、
これにて完了!!

日頃の運動不足と、はじめての作業ということもあって、先輩方の半分にも満たない本数しか交換できませんでしたが、体はもうバキバキのクタクタです(汗)
難易度(★5評価で)★0、しかも涼しく快適な環境下でこのザマか・・・
我ながら情けないorz

改めて、スゴイぜ!パイセン!尊敬します!!

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. タイタンパーによる突き固め作業

  2. はじめてのまくらぎ交換に挑戦

  3. 社員旅行へ行ってきました

  1. 登録されている記事はございません。
O-TAKA GROUP
大高建設株式会社
https://o-taka.co.jp/
Screenshot of o-taka.co.jp

TOP
TOP